プレゼントには植物が最適です

現在日本には、国内だけでなく海外からも注目されているプラントハンターの西畠清順もいてさまざまなプロジェクトを年間こなしています。プラントハンターが活躍するほどに植物は注目されています。

普通の贈り物と植物の贈り物

選びかたが難しい普通の贈り物

贈り物はあげる相手の好みやシーンに合わせて選ぶことになります。食べ物であれば好き嫌い、インテリアは他のものとマッチするものなのかなど、親しき友人や家族であれば好みや趣味はわかりますが、取引先の開店祝いや新築祝いなどで贈るときには、選びかたに難航する人も多いのではないでしょうか。

さまざまなシーンで利用することができる植物

植物はお誕生日プレゼントとしてだけでなく、開店祝いや新築祝いとして注目されています。注目理由として植物はお世話をしてもらえると、何年も楽しむことができるからです。小さなものから大きなものまでシーンや贈る相手によってサイズや種類を選ぶことができます。植物としてだけでなく、インテリアとしても活用することができます。

プラントハンターとして注目を集めています

ギフト

西畠清順さんは1980年生まれの経営者で、植物園事業を展開しています。プラントハンターとしての活動も注目され、園芸植物や生花などの販売業務が評価されています。自身が運営しているコンサルティング事業の「そら植物園株式会社」の代表取締役として活躍している人物です。2010年に植木関連の卸売業を運営する会社の取締役に就任したことをきっかけに、事業を多方面に展開していき、後の「そら植物園」の活動に繋がっていきます。

多方面に才能を発揮しています

ゲストテーブル

西畠清順さんは2015年には株式会社花宇の代表取締役として活動を始め、同年には西畠清順事務所株式会社を設立し、自身で運営を展開しています。起業家としての才能を発揮しながら植物園や生花事業の運営を手がけ、多方面から注目を集める存在となっています。その後には植物ブランドとして花園樹斎を発表するなど、業界を牽引するような活躍を見せている事が特徴です。植物販売事業の新たなスタイルを確立しながら、多くのユーザーにその魅力発信してきた功績が認められています。

出版物やブログでも展開しています

花束を持つ人

西畠清順さんはプラントハンターとして注目を集めた部分がありますが、ブログがきっかけで話題となりました。プラントハンターというタイトルを付けたブログが本人の人となりや知識を披露する場となり、マニアならずとも一般層までも取り入れて好評を獲得していきます。2011年には著書としてもプラントハンターのタイトルを冠し、植物関連の魅力などを幅広く伝えています。この書籍を始めとしていくつもの出版物を発表しており、執筆業でも才能を発揮している事が特徴です。

植物や生花の魅力を幅広く伝えています

アレンジメントフラワー

西畠清順さんの活動は日本に植物や草花の魅力を発信し、どのように向き合うかを提示しています。自然と共存するべく人々の問題を分かりやすく提示し、実際に生花を手にとって素晴らしさを感じるサポートをしている人物だと言えるでしょう。

広告募集中