HOME>オススメ情報>引き出物はゲストに喜ばれるものを選びましょう

もらって嬉しい引き出物

結婚式に出席いただいたゲストの方々に、感謝と幸せを分かち合うギフトです。折角送るのであれば喜んでもらえるものを贈りたいですね。

引き出物を送るマナー

相手が贈って困らないものを選ぼう

ゲストが持ち帰る、贈って困らないものを選ぶよう、ゲストのことを考えて選びましょう。

持ち帰るギフトの気持ちを考慮しましょう

持ち帰る引き出物を贈る場合には重いものやかさばるものは避けましょう。

場所によっては地域の風習を考慮が必要な場合も

引き出物プラス添えるものが決まっている地域もあります。年配のゲストのかたがたにはその土地のゆかりがあるものを選ぶと喜ばれますよ。

ゲストによって中身が違うときには見えない工夫

ゲストによって引き出物の中身が違うときには、大きさや包装によって気まずくなることもあるので、見えない工夫をしましょう。

引き出物を配送する場合はゲストが受け取れる時間の配慮が必要

到着時間に考慮し、御菓子やプチギフトがあるときには別途小さな袋を用意しましょう。

選べるものを選択する

人形

お祝いごとの際に引き出物を贈る、という風習があります。以前は結婚式の引き出物というとゲスト全て同じものを贈る、ということが一般的でした。しかし最近では受け取った人が自由に好きなものを選ぶことができるカタログギフトが主流になっています。受け取っても困るものであれば、処分をされてしまうかもしれませんし、喜んでもらえないこともあるので、相手が自由に選ぶことができるタイプのギフトが喜ばれていますし、持ち帰りにも便利です。

金額で選べる

風呂敷

人気のあるカタログギフトですが、ご祝儀を受け取った際にその金額に応じてカタログのグレードを変更することができるようになっています。しかしご祝儀を受け取ってその場で金額を確認するのは失礼だとされているので、基本的には親族なのか友人なのか、仕事関係なのかという区別を行って、カタログのグレードを決めるということが多いです。引き出物として贈るものは必ずしも豪華なもの、高額なものでなければいけないということはありません。地域によっては出来るだけ品数が多いほうが好ましいとしているところもありますが、今は持ち帰りのことを考えて、カタログを選択するほうがゲストに対しても配慮ができている、という印象を与える事ができます。

広告募集中